一月の新着本のお知らせ

 年が明けたと思ったら、早くも2月です。
1月も たくさん寄付をいただきました。ありがとうございます。
新たに登録した本は文庫本46冊、マンガも46冊でした。

 

新着本のお勧めは・・・
いしいしんじ 「麦ふみクーツェ」:坪田譲二文学賞受賞作。ファンタジーではありますが、深いです。同じ作者の「ポーの話」もぜひ。

 

内田樹 「疲れすぎて眠れぬ夜のために」:今注目の哲学者であり、武道家でもある著者の身体論に基づいた幸福論。

 

陳天璽 「無国籍」 :台湾出身の両親のもとに横浜中華街で生まれ、日中国交回復により無国籍となった著者が自身の体験をつづると共に、母国の外に暮らす人々のアイデンティティを掘り下げたノンフィクション。

 

三上延 「ビブリア古書堂の事件手帖」 :ドラマ化のベストセラー、到着しました!

 

六嶋由岐子 「ロンドン骨董街の人々」 :ロンドンの王室御用達骨董店に日本人として初めて雇われた著者の体験をつづった、講談社エッセイ賞受賞作。

 

また、マンガは「ドラゴンクエスト」「キャプテン翼」「シティハンター」などのロングセラーがたくさん入りました。

 

寒い日はおうちでゆっくり読書などいかがでしょう。
スタッフ一同お待ちしています!