新着本のお知らせ

 
4・5・6月の三ヶ月間に図書室で新たに登録した本は、
単行本18冊、文庫本47冊、マンガ27冊、児童書64冊でした。ご寄付を下さった皆さま、ありがとうござい ました!
このうち、スタッフからのおすすめは・・・
 
児童書
・「からすたろう」 スタッフTさんの座右の書。大人が読んでもじんとするお話です。
・「これはのみのぴこ」 小学校の国語の教材によく使われる、ことば遊びの楽しい絵本です。
★そのほか、「おさるのジョージ」「だるまちゃん」「ひとまねこざる」など懐かしいロングセラーもそろっています。
 
単行本
・西加奈子:著「サラバ!」 2014年下半期の直木賞受賞作が早くも到着しました!
・小澤征爾&村上春樹:著 「小澤征爾さんと、音楽について話をする」ふたりの巨人の対談集。
・フランシス・フクヤマ:著「歴史の終わり」 アメリカの政 治経済学者が著した、世界の知識人に近年最も影響を与えたといわれる本です。
 
文庫本
・船戸与一:著「蝦夷地別件」 この4月に亡くなられた直木賞作家の大作。ぶ厚い三冊組みですが、ぐいぐいと最後までひきつけられます。1996年日本冒険小説協会賞受賞作。
・稲泉連:著「命をつなげ・東日本大震災、大動脈復旧への戦い」 救急搬送や物資の輸送のため、道路の復旧に尽力した人々のドキュメンタリー。
★図書室には新着本コーナーの上に「震災関連本」の棚があります。あの日を忘れず、私たちにできることを考え続けたいと思います。
時代小説では山本一力、畠中恵、佐伯康秀の本がそれぞれ2冊ずつ入りました。
そのほか有川浩、角田 光代、桜庭一樹、桐野夏生、伊坂幸太郎など人気作家の作品も多数。
 
お目当ての本が貸出中でも、予約していただければ返却されしだいお取り置きの上、ご連絡いたします。
お気軽にスタッフまでお申し出ください!

 

広告